日本最古のダム、国史跡狭山池。大阪府立狭山池博物館はその土木遺産を未来へ継承します。

Home > 平成30年度 ミニ展示 陣屋跡の調査成果と近世初期の大工道具

平成30年度 ミニ展示 陣屋跡の調査成果と近世初期の大工道具

  • 期間平成30523日(水)から平成30617日(日)
  • 会場:常設展示室第五ゾーン
  • 展示概要
  • 江戸時代の大坂周辺部では、幕府の政策によって石高の少ない大名の領地と、その陣屋(じんや)が点在しています。

    今回の展示会では、大阪狭山市教育委員会が発掘調査を実施しました「狭山藩(さやまはん)陣屋跡」とその周辺部及び、河内長野市教育委員会が発掘調査を実施しました「西代藩(にしだいはん)陣屋跡」から発見された資料を展示します。

    またこの時期に関連する資料として、大阪府教育委員会の調査によって、「大坂城三の丸跡」から出土しました、近世初期の大工道具類を合わせて展示し、この時期の建築技術の一端を紹介します。
  • 入場料:無料
  • 主催:大阪府立狭山池博物館 大阪府教育委員会 大阪狭山市教育委員会 河内長野市教育委員会
  • 講演会 :会場2階ホール 定員126名(先着順 参加費無料)

  2018年6月9日(土) 午後2時から午後3時30分

   「狭山藩陣屋跡周辺の調査について」 大阪狭山市教育委員会 東影 友美

 

 

Copyright(c) 2018 大阪府立狭山池博物館 All Rights Reserved.