日本最古のダム、国史跡狭山池。大阪府立狭山池博物館はその土木遺産を未来へ継承します。

Home > 平成30年度 池守田中家文書特別公開「狭山池をとりまく神々と社」

平成30年度 池守田中家文書特別公開「狭山池をとりまく神々と社」

  • 会期      平成30年6月2日(土)~7月16日(月・祝)

  • 会場      特別展示室
     
  • 展示概要

 今年度の「池守田中家文書特別公開」では狭山池をとりまく神社をとりあげることといたしました。狭山池の周囲には『延喜式』神名帳にもみえる狭山神社・狭山堤神社をはじめとし、狭間神社、並松稲荷社、龍神社、葛西神社など、数多くの神社が鎮座していました。明治の神社合祀で一村一社に整理されたとはいえ、いまも旧地にその名残をとどめている神社もあります。池守田中家文書を主な史料として、狭山池をとりまく神社の歴史を振り返ってみたいと思います。

  • 入場料   無料
  • 主催      大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館
  • 後援      南海電気鉄道株式会社・泉北高速鉄道株式会社 
  • 歴史セミナー
  第1回 
   日時:平成30年6月24日(日)午後2時~3時30分(開場 午後1時30分)
      西田敬之氏(松原市民ふるさとぴあプラザ学芸員)
      「狭山池水下地域の神社について」

  第2回
           日時:平成30年7月7日(土) 午後2時~3時30分(開場 午後1時30分)
      吉井克信(当館副館長)
      「狭山地域の神社の歴史

          いずれも
      会場:当館2階ホール
      定員:126名(当日先着順・無料) 

  • 展示解説

           期間中の毎週土曜日 午後1時から30分程度 特別展示室(無料)
 

Copyright(c) 2018 大阪府立狭山池博物館 All Rights Reserved.