日本最古のダム、国史跡狭山池。大阪府立狭山池博物館はその土木遺産を未来へ継承します。

Home > 常設展示の概要 > 第4ゾーン 中世の土地開発と狭山池

第4ゾーン 中世の土地開発と狭山池

鎌倉時代(13世紀)、東大寺を再建した僧 重源(ちょうげん)が改修をおこないました。重源は古墳時代の石棺で樋をつくりましたが、この時の業績をしるした重源狭山池改修碑(重要文化財)が見つかっています。

重源坐像(複製)

 重源坐像(複製)

 

 

 

 

 

 

重源狭山池改修碑(重要文化財)

 重源狭山池改修碑(重要文化財) 

Copyright(c) 2016 大阪府立狭山池博物館 All Rights Reserved.