3.19日曜日人形劇「金のうろこ」人形劇団=赤いりんご

午後2時から狭山池博物館2Fホールで演じられました。

前回の「金のうろこ」演目は、4人の団員で演じられていましたが、今回一人増え5人で人形劇を演じられていました。私は、一人演技者が増えたことで、全体的に動きが滑らかになり、さらにお話が分かりやすくなっているような感じを受けました。

主なストーリーは、

「狭山池に住む龍の化身である娘さんの言いつけを守らず、おじいさんは、娘さんが龍に変身しているところを、好奇心からつい見てしまったため、もう娘さんは龍の姿のままでいなくてはならないことになってしまいました。

ある年、大干ばつが狭山池におこりました。おじいさんは、クワを池の中から拾い上げてくれたお礼にもらった、龍から困ったときに使いなさいと言われていた3つの龍のうろこを池に投げ入れました。すると、不思議なことに水が干上がった狭山池に水が満たされ、さらに未来永劫、狭山池の水が枯れない。」

というお話でした。

RIMG0164RIMG0168

午後2時からの上演でした。終わった後は、館の職員による「手品」がありました。それは、下の二つでした。

①色がつくペットボトル(透明な水が赤や青の色に変身)

②リングつなぎ(2つの丸い金属のリングが結びつく)

それが終わると風船を使った工作プレゼントがありました。

RIMG0178

予定通りの午後3時ごろに終了。

参加者 55名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 5 =