5月の狭山池歴史ウォークは「どっぷりたっぷり」!

少しレポートが遅れてしまいましたが・・・5月13日(日)に行った狭山池歴史ウォークの様子です。

大変人気のプログラムになってきました「たっぷりどっぷり狭山池」を実施しました。

あいにくの雨。。。今回のテーマは、「狭山池から見える山城(池尻城・信貴山城・嶽山城)と狭山藩陣屋跡」でした。北堤から池尻城の場所を確認しながら、山城の話を聞きました。ここからが面白くなる・・というところで、雨・風が強くなりウォークを断念!博物館へと残念ながら引き返しました。

大阪狭山市立郷土資料館には、池尻城跡の発掘調査の模型があります。模型を観ながら、続きの話を聞きました。

================================

午後からは館内の常設展示の説明と、バックヤードツアーです。

5~6人ずつチームを組んで、常設展示の説明を受けました。

学芸員の案内で、普段見ることのできないバックヤードに!展示物の搬入口や特別収蔵庫で説明を受けました。博物館の役割や機能など、より詳しく知っていただけたと思います。

毎回狭山池の堤で撮影している集合写真も、今回は館内となりました。雨で狭山池を一周していただけなかったのが、とても残念でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + one =