あし笛をつくろう!狭山池博物館

子どもから大人まで参加できる!!
わくわくイベント
水辺の植物 葦(ヨシ)であし笛を作ろう!

できあがった笛を吹いてみよう!

一節の葦で横笛を作ります。
1時間くらいで2オクターブ以上の本格的な笛が出来ます!

6月16日(日)14時~15時30分
講師 西川雅規(まさかず)さん 葦船職人(あしぶねしょくにん)
定員 15名(応募多数の場合は抽選)
対象  小学1年生以上、どなたでも(ご家族のお申込みは3名まで)
参加費 500円(材料代)

お申込み方法 「往復はがき」もしくはメールで
(詳しくはチラシ、HPでご確認ください)
応募締め切り 5月12日(日)必着

葦(ヨシ)と葦(アシ)。両方とも同じ植物のことをいいます。

元はアシと呼ばれてたそうですが、いまの標準和名はヨシだそうです。
古事記・日本書紀では日本の国を ”豊葦原水穂国”(とよあしはらのみずほのくに)
と呼び、「令和」で注目の万葉集にも数多く詠まれています。
それが何でヨシに?
アシが〈悪し〉に通じるのを避けたくて、ヨシ〈良し〉と呼ぶようになったとか! へぇ~!!みなさん知ってました?
ついでにいうと、
おつまみなどでよく食べる干したイカ、「スルメ」もギャンブルなどで〈スル〉ことを嫌がって「アタリメ」とよぶとか!?

もろこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 19 =