世界中の人々と出会える博物館! 《4月編》

先月4月も、海外からの来館者の方との多くの嬉しい出会いがありました。交流した様子を、来館者サービス向上部会メンバーがレポートします。

==============================

メッセージノートに何やら書き込んでいる外国の方がいる。朝からガイドに来ておられたKさんと2人で話しかける。彼は日本語が堪能で光や音など自然と結びついた安藤忠雄建物の魅力について述べたあと、安藤さんのユニークな建築として兵庫県美方郡香美町にある「木の殿堂」を紹介してくださった。狭山池博物館の円形プラザ同様筒型の建物だが木造で、セビリア万博日本館がその原型だと言う。安藤建築で木造は珍しいですねと言うと、ドイツ・オーストリアあたりに安藤忠雄設計の木造建築があると言う。とても安藤建築について詳しい。ノルウェーに安藤さんの建築物がないのが残念だともおっしゃる。大阪府立狭山池博物館は安藤建築のうちで最も素晴らしい建築の1つだと太鼓判を押してくださった。写真にも気軽に応じてくださった。(ノルウェーからのお客さまとの交流 H・M記)

===============================

その他、来館者サービス向上部会メンバーが、4月に案内・交流させていただいた、海外からの来館者の皆さんです。

タイ・台湾・中国・香港・イギリス・イタリア・オーストリア・フランス・コロンビア・オーストラリア・アメリカ・カナダなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =