企画展速報!展示作業しています。片桐且元展はいよいよ土曜日から!

約15か月の準備期間をへて、いよいよ展示作業の時を迎えています。
ボランティア主導の展示とはいえ、たくさんの方の支えをもらいながら、なんとかここまで来ました。

いよいよ特別展示室での作業ががはじまりました。
いよいよ特別展示室での作業ががはじまりました。

この企画展を実施するのは、狭山池博物館ボランティアの「且元集額会」メンバーです。
ひたいをあつめてともに語ろう集額会(しゅうがくかい)
名付け親であり、集額会筆頭の西川氏(中央)。
「且元がなぁ、没後400年やねん・・・」2年前のあの一言からここまで、よくぞ、ひっぱってくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ガラスのそとから指示がとぶ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
休憩タイム、一服が必要、ですよね。
パネル貼りもいよいよ終盤です。
パネル貼りもいよいよ終盤です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日もいちにちカンバロウ!片桐且元展は土曜日からです!

平成27年度ボランティア企画
「片桐且元」―ともに語ろう夢のあと、ともに歩もう作事の跡―
12月19日(土)~1月24日(日)

◆関連事業 講演会「豊臣秀頼・片桐且元の寺社造営」◆
平成27年12月19日(土) 14:00~15:00 (13:00開場)
会場/大阪府立狭山池博物館2階ホール
定員/126名(先着順・無料)
講師/木村 展子(神戸女子大学講師)

狭山池の堤が一部利用が可能と聞いて・・・。

IMG_8825

その確認に、本日12/17(木)行ってまいりました。時刻は、午前8時ごろです。

先ず、南海電車金剛駅の西側の階段を降りようとすると、ちょっと嬉しい光景が見られました。

「狭山池築造1400年」PRの横断幕が、はりだされていました。

IMG_8810

次に、狭山池堤の南側に到着しました。不思議なことに、もう一つの池ができていました。水鳥まで泳いでいます。池の後ろに見えるクリーム色の建物は、狭山高校です。

IMG_8815

それから、さらに北の方に歩いていくと、狭山池博物館が見えてきました。

狭山池の水位は、かなり下がっています。

IMG_8821

やっと、冒頭の「利用が可能な区域」チラシの緑色と赤色の堺目まで歩いてきました。

すると、工事中の立て看板が出てきました。どうやら、まだ工事中のようです。

IMG_8824

一日も早く、もとのように全面利用ができるようになるといいなと思いました。

 

12月の狭山池歴史ウォーク(12月13日)

暖かい日差しが降りそそぐ中、狭山池歴史ウォークを実施しました。今回は狭山池の通路などが改修工事を行っていることもあり、思い切ってコース変更をしました。

狭山池からの水路

狭山池からの水路を水下へとたどって移動します。地形の高いところから低いところへと流れていく様子を体感することができました。

水路

明治31年に高野鉄道を河内長野まで延長した際に、周辺住民から通路や水路を通してほしいとの意見があり、レンガ造りの暗渠(あんきょ)が設置されました。7か所ある暗渠をすべて見ることができました。

5号暗渠

↑ 5号暗渠  ↓6号暗渠

IMG_9371

そして、歩くこと1時間で狭山池を親池とした小池「太満池(たいまいけ)」にたどり着きました!

太満池1

太満池2

最後に池尻城の堀あたりとされるところにあるため池で記念撮影しました。

記念撮影

次回は、来年1月10日(日)に実施します。来月は狭山池堤を歩く予定です。テーマは「重要文化財に指定された『木樋・重源改修碑』」。参加者募集中です!!

 

(当サイトの文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。)

秒読み!ボランティア企画「片桐且元」展は19日から![狭山池博物館]

いよいよ初日まで秒読みのボランティア企画展「片桐且元」-ともに語ろう夢のあと、ともに歩もう作事の跡- 連日展示のための作業を行っています。

片桐且元(かたぎりかつもと)その名を聞いてみなさんはどのようなイメージを抱かれますか。

大阪では裏切りもんと云われ、徳川方に寝返ったと見られることも多い片桐且元。しかし、かれの心はいつも豊臣方にあったのではと、私は考えていますが・・時代に翻弄されながらも、近畿一円ダイナミックに行った作事や治水のあとを、ボランティアが実際にたずねてまとめました。

お寺や神社に赴き、話を聞いてみると、秀頼(且元)の改修がいかに語り継がれているか、驚かされることがあります。今展では、そういった語り伝え等もまじえながら、且元の歩いたあとを追体験するような展示になっています。

初日まであと7日。パネル作成や展示ケース内のレイアウト最終調整、やることはまだまだあります。

KIMG0018

熱がこもる作業室の様子。
熱がこもる作業室の様子。

担当: 間にあうんかいな・・・・(不安)

今日も作業は続きます!且元展は19日から。乞うご期待!

もうひとつ・・・初日19日(土)のお楽しみ、建築史、なかでも豊臣秀頼の寺社造営がご専門の木村展子先生(神戸女子学院)の講演を14時より行います。タイトルはずばり、「豊臣秀頼・片桐且元の寺社造営」

平成27年12月19日(土)14時~15時30分(開場は13時)

開場 狭山池博物館二階ホール

定員 126名(先着順 無料)

ぜひご来館ください!!

河内長野市立千代田中学校職業体験12.10~11

DSC_1145

????????????????????????????????????
データ入力作業中
????????????????????????????????????
会議室で

DSC_1081

7名の元気な中学生が博物館に職業体験に来られました。

男子5名、女子2名の構成です。

一日目体験した業務は、受付業務、パソコンアンケート入力作業、展示照明の点検業務などでした。

子どもたちの感想では、博物館業務に想像以上に多様な種類があることに驚いていました。

明日、もう一日職業体験があります。

体調に気をつけ、頑張ってほしいと思います。

 

 

 

「テレビで観て、来ました!」狭山池博物館12月のご案内

あらあら、どんより曇り空になってきました。
もしや雨の予報出てましたっけ?IMGP0132

 

 

「ああ、これが!!」
「滝の裏側にまわってみたいんですけど?」

12月に入ってからの、お客様の反応や問い合わせがこんな感じ。
先日 南海高野線沿線を巡るテレビ番組で、狭山池と、
当館の解説ボランティアさんの案内で
出演者の方が館内を見学される様子が放送されたんですが、
その反響たるや!!あらためてテレビってすごい・・。

12月、狭山池博物館は まだまだ楽しんで頂けます!!

ご好評いただきました
平成27年度特別展 『近世狭山池絵図』
-水下農民の狭山池改修史-
第5ゾーンで展示の 土木の日企画展『てんきとくらし』
が、本日最終日となりました。

かわって、1階特別展示室では、

平成27年度
大阪府狭山池博物館ボランティア企画

『片桐且元
-ともに語ろう夢のあと ともに歩もう作事の跡-』
没後400年展

平成27年12月19日(土)~平成28年1月24日(日)

且元チラシ表web用

【講演会】
『豊臣秀頼・片桐且元の寺社造営』
講師  木村展子 (神戸女子大学講師)
平成27年12月19日(土) 14時(開場13時)
狭山池博物館2階ホール
無料先着126名

そして 《常設展示室第5ゾーン》

大和川今池遺跡調査速報展示
平成27年12月11日(金)~平成28年1月17日(日)

IMGP0133【講演会】
『大和川今池遺跡最新調査成果』
山田隆一
(大阪府教育委員会文化財保護課)
平成28年1月9日(土)14時
狭山池博物館2階ホール
無料先着126名
【展示解説】講演終了後

《歴史ウォーク》

12月13日(日) 午前10時~12時
どなたでも参加無料

狭山池工事中の為、コースを変更して行います。
〈コース〉
狭山池から水下にある太満池までウォーキングをして、
博物館に帰ってきます。

《平成27年冬休みこども歴史塾》

平成27年12月24日(木)~25日(金)
午後1時30分~4時
狭山池博物館2階ホール
小学校4~6年生対象
参加無料
申込み期日 平成27年12月18日(金)午後5時30分必着
問い合わせ大阪狭山市教育委員会歴史文化グループ

もろこ

 

 

 

 

 

2015.12.5実施 わくわくイベント麻植(おえ)さんの「リースづくり」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
講師の麻植さん

先ず、講師の先生からリースの作り方の説明がありました。

DSC_1058 DSC_1057

このリースをイベントのはじまる前に、見本として作られていました。

 

 

次に各自、製作を開始しました。

DSC_1068

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時間がたつとともに、だんだん出来上がっていきます。

 

完成作品です。早い人は1時間少しで作られていました。

来年もこの時期にリース作りのイベントを企画しています。

????????????????????????????????????

 

狭山池クリーンアクションでPR活動!

12月19日(土)からスタートするボランティア企画展示「片桐且元~ともに語ろう夢のあと、ともに歩もう作事の跡~」のPR活動を行いました。4人でPR

毎月実施されている「狭山池クリーンアクション」に集まった市民の皆さんにむけて、笑いも取りながらの且元展のPRとなりました。

クリーンアクション参加者

現在狭山池は堤などを修復する工事中で、普段は立ち入り禁止となっています。この日はクリーンアクションで特別に入ることができました。狭山池は池干しで水位が下がっています。

ブログ04

もちろん、掃除にも参加しました!!

ブログ03

—–「片桐且元展」12月19日(土)~1月24日(日)—–

且元チラシ表web用 ◆関連事業 講演会「豊臣秀頼・片桐且元の寺社造営」◆

平成27年12月19日(土)  14:00~15:00 (13:00開場)

会場/大阪府立狭山池博物館2階ホール

定員/126名(先着順・無料)

講師/木村 展子(神戸女子大学講師)・・・建築史がご専門で、豊臣秀頼の寺社改修の研究をされています。

どうぞ、みなさまお誘いあわせのうえ ご来館ください。

backy

 

まもなく『片桐且元』展がはじまります!(19日講演会あります)

狭山池博物館ボランティア企画展

『片桐且元』 ―ともに語ろう夢のあと ともに歩もう作事の跡―

没後400年展

平成27年12月19日(土)~平成28年1月24日(日)

且元チラシ表web用

 

 

■講演会 「豊臣秀頼・片桐且元の寺社造営」■

平成27年12月19日(土) 14:00~15:30(13:00開場)

会場/大阪府立狭山池博物館2階ホール

定員/126名(先着順・無料)

講師/木村 展子(神戸女子大学講師)・・・建築史がご専門で、豊臣秀頼の寺社改修の研究をされています。

どうぞ、みなさまお誘いあわせのうえ ご来館くださいませ。

***年末年始休館のおしらせ***

12月28日(月)~1月4日(月)まで休館

つつみ

2015.11.23「てんきとくらし」=平成27年度ダム治水防災関連事業

2Fのホールで午後2時30分より開かれました。

参加者は、数えていませんが20人前後くらいだったと思われます。

IMG_8630[1]

はじめに、子ども向きのクイズ形式で、大阪管区気象台の方の講義がありました。講義の最中に時折、気象現象(竜巻や落雷)のビデオ映像に切り替わり、大変分かりやすかったです。お話を聞いて、これからは、もっと気象情報をチェックし、急な気象現象に気を付けていきたいと思いました。1時間強の講義時間でした。

5分間ほどの休憩をはさみ、

次に雨粒の実験が行われました。

最初に雨粒は、どんな形をしているか子どもに予想を尋ねられました。子ども達は、長餅の形などと予想していました。私は、「まんまる」かなと思いましたが、実際は違っていました。(正解は、饅頭型です。)

IMG_8636[1]

 

それから、竜巻の実験が行われました。黒い中央の装置に竜巻が現れると、「おーっ。」という歓声が聞こえました。(写真では、竜巻が薄くて分かりにくいです。)

IMG_8643[1]

最後に、このような貴重なお話や実験を見せて頂き、大変勉強になりました。

参加者の気象現象に対する質問も丁寧に気象台の方々は、答えられていました。

パネル展示の方は、12月6日(日)まで、狭山池博物館1F常設展示室 第5ゾーンにて。