6月の狭山池歴史ウオーク

6月10日(日)に狭山池歴史ウォークを実施しました。今回は現在開催中の、池守田中家文書特別公開「狭山池をとりまく神々と社」とタイアップした特別企画でした。

当館学芸員の大野さんの説明で、現地を巡りました。

まずは狭山池のシンボル「龍神社」です。冬の間に水位が下げられることで現れる龍神淵の写真もパネルで観ていただきました。

時折、ポツポツと雨が降ったり止んだりするなか、これ以上雨がきつくならないように祈る思いで歩きました。

続いて、狭山池の堤に隣接しているさやか公園へ。江戸時代、狭山藩下屋敷だった場所で、そこには狭山池と狭山池堤を祀る「狭山堤神社」がありました。

狭山堤神社は、明治の神社合祀によって狭山神社に移され現在も祀られています。

狭山神社拝殿前で

堤神社

稲作には欠かせなかった大切な牛の神を祀った「牛滝社」にも行きました。

狭山神社を出て、南海高野線金剛駅から大阪狭山市駅まで中高野街道を歩き、下高野街道へ。かつてそこにあった「並末(なんまつ)稲荷神社」の跡地に行きました。鳥居や社殿は平成3年まであったとのこと。狭山池から出土した石棺もおかれていたそうです。

無事予定していたコースをまわり、博物館へと帰って来ました!!

狭山池歴史ウォークは、次回9月9日に行います。7月・8月はお休みします。9月のテーマは「狭山池浪漫―土木技術、須恵器の伝来、池誕生など古代の風景から今日までの軌跡を巡る」です。ご参加お待ちしています。※お申し込み受付は8月1日(水)からとなっております。

5月の狭山池歴史ウォークは「どっぷりたっぷり」!

少しレポートが遅れてしまいましたが・・・5月13日(日)に行った狭山池歴史ウォークの様子です。

大変人気のプログラムになってきました「たっぷりどっぷり狭山池」を実施しました。

あいにくの雨。。。今回のテーマは、「狭山池から見える山城(池尻城・信貴山城・嶽山城)と狭山藩陣屋跡」でした。北堤から池尻城の場所を確認しながら、山城の話を聞きました。ここからが面白くなる・・というところで、雨・風が強くなりウォークを断念!博物館へと残念ながら引き返しました。

大阪狭山市立郷土資料館には、池尻城跡の発掘調査の模型があります。模型を観ながら、続きの話を聞きました。

================================

午後からは館内の常設展示の説明と、バックヤードツアーです。

5~6人ずつチームを組んで、常設展示の説明を受けました。

学芸員の案内で、普段見ることのできないバックヤードに!展示物の搬入口や特別収蔵庫で説明を受けました。博物館の役割や機能など、より詳しく知っていただけたと思います。

毎回狭山池の堤で撮影している集合写真も、今回は館内となりました。雨で狭山池を一周していただけなかったのが、とても残念でした。

桜を楽しむ、4月の狭山池歴史ウォーク

平成30年度の狭山池歴史ウォークがスタートしました。4月8日(日)のウォークは恒例となりました「桜」がテーマでした。今年は桜が咲くのが例年より早く、遅咲きの桜も散ってしまうのでは・・・と心配しましたが、なんとかウォークの日まで待ってくれていました。狭山池の堤と博物館周辺には10種類以上の桜が植えられています。

博物館周辺のカンザンがきれいな八重の花を咲かせていました。

シロタエ

タオヤメ

スルガダイニオイは、独特の良い香りがしていました。

堤にあがると早咲きのコシノヒガンやソメイヨシノはすでに葉桜となっていました。

咲いていた時に撮影した写真で紹介!

ヤマザクラもあります。

さまざまな種類の桜を知っていただくことで、次の春の桜の開花をより楽しみに待っていただけるウォークになったと思います。

5月は「たっぷりどっぷり狭山池part1」です。狭山池を午前中案内して午後からは館内を案内するプログラムとなっています。大変人気がありますので、お申し込みはお早めにしてください。

3月の狭山池歴史ウォーク

3月11日(日)に行いました「狭山池歴史ウォーク」のレポートをしたいと思います。今回は企画・実施している歴史ウォーキング部会の今村さんからの報告です。

================

ヒカンザクラが3本が見事に開花し、早くも狭山池は春真盛りというところです。今回は春の陽気に誘われたのか、8人でスタートしたのに、途中で飛び入りで2人参加というハプニングもあり、ゴールでは10人になっていました。

今回の担当はベテランの松田さん。中樋出土のところで重源が狭山池を改修した背景や、柵はシガラミとも読むこと、また、最後にさやか公園前に於いて、水天宮(水難、水害避け・祈雨・止雨と日本における代表的な水の神)に関する話を熱心にされ、一同傾聴いたしました。

ごくろう様でした!

================

4月から平成30年度の「狭山池歴史ウォーク」がスタートします。是非ご参加ください。

4月8日(日)午前10時スタート テーマは「狭山池と桜を楽しむ」です。今年は桜の開花が早そうですが、博物館周辺には遅咲きの桜もあり長く楽しんでいただけます。

参加希望日・住所・氏名・年齢・電話番号を記入してFAX(072-367-8892)、またはe-mail  sayamaike.walk@gmail.comにお申し込みください。

2月の狭山池歴史ウォーク

2月11日(日)に、狭山池歴史ウォークを実施しました。

ブログ4今回は、ユニークなスタートとなりました。円形コートでみんなでお腹から大きく声だしをしました。不思議な音の響きを感じながら、少し体が温まったようです。

ブログ5さすがに2月は寒い!!時折吹く風の強さにびっくりすることもありました。参加の皆さんは「寒さなんかなんのその!」の勢いで元気に歩いてくださいました。

ブログ6早咲きのヒカンザクラのつぼみが膨らんでいました。春はもうすぐですね。

ブログ2ブログ1途中の東屋で少し休憩。ここで今回のリーダーさんが、この日のために1年かけて準備した、清少納言の話がありました。平安時代の作家清少納言は「さやまの池 三稜(みくり)草という歌のをかしきが覚ゆるならむ」と、枕草子の中で興味深い池のひとつとして狭山池について触れています。三稜草のうたとは、古今和歌集に収められている「恋すてふ  さやまの池のみくりこそ  ひけば絶えすれ 我やねたゆる」とのことです。しばらく心は平安時代へとタイムスリップ。その時代から人々を魅了してきた狭山池を感じました。

ブログ3

次回の狭山池歴史ウォークは3月11日(日)です。参加の方から「大阪狭山に引っ越してきたので、まちのことが知りたくて参加しました」「ゆっくりと楽しく歩けるので、健康のためになります」などのお声を聞きます。こうしたお声が励みになっています。

ブログ全体ウォークでの皆さんとの月一回の出会いを楽しみに、部会メンバーは準備をしています。来月の狭山池歴史ウォークへのご参加、お待ちしています!!

1月の狭山池歴史ウォーク

1月14日(日)に狭山池歴史ウォークを実施しました。前日までの一週間は、寒波到来で大変寒さの厳しい日々が続いていました。けれどもこの日は、堤の風もぴたりと止まり、大変暖かな日差しが降りそそぐ中、ウォークをスタートすることができました。

1ブログ

この日のテーマは「狭山池の歴史と地理の景観」です。北の堤に立つと、狭山池を取り巻く地形がわかりやすく、どのようにして狭山池ができたのかを視覚で理解していただけます。

そして現在、狭山池は池干しのため水位が下がっています。普段見ることのできない景色を見ることができます。まずは竜神淵!

ブログ2

そして、常用吐きの排水路。

ブログ3

ブログ4ブログ5

たくさんの鳥たちも堤に!!近くで可愛い姿を見ることができます。

ブログ6

重機が入り、池にたまった土を取り除く工事が行われていました。

ブログ7

通常と違う池の様子を見て歩くのも、特別感があります。もうしばらくは、水位が下がっているので、これらを観ることができます。

次回の狭山池歴史ウォークは2月11日です。テーマは「ぶらり狭山池歴史探訪」です。狭山池の冬ならではの景色を楽しみながら、ウォーキングしませんか。ご参加お待ちしています。

ブログ集合

12月の狭山池歴史ウォーク

12月10日(月)に狭山池歴史ウォークを行いました。堤は風もなく、暖かな日差しを浴びながらウォークがスタートしました。

ブログ6

現在北堤の桜の木々は夜になるとイルミネーションが点灯します。こんなかわいいメンバーもいますよ!(^^)!ブログ2ブログ3

12月のテーマは「狭山池の四季の景色を楽しむ」です。今回担当のMさんが、1年間狭山池に通い撮りためた写真を紹介しながら、四季折々の狭山池の風景を知っていただきました。今年の1月1日の狭山池からみた初日の出、駅伝大会、桜咲く狭山池、普段は水底にある龍神淵・・・色々な表情を見せる狭山池を楽しんでいただけたと思います。

ブログ1

池干しのための放水がされており、写真ではあまり迫力が伝わりにくいのですが、かなり大きな音が響いていました!!この時期ならではの光景です。

ブログ5

次回の狭山池歴史ウォークは、年明け1月14日(日)に行います。テーマは「狭山の歴史と地理の景観」です。周囲2,850メートルを2時間かけて歩きます。楽しく狭山池と歴史を知っていただく機会になると思います!!ご参加お待ちしています。

ブログ4

11月の狭山池歴史ウォーク

11月12日(日)に狭山池歴史ウォークを行いました。桜の葉が赤や黄色に色づき、紅葉を楽しみながらのウォークとなりました。

ブログ1

テーマは「狭山池から見える山々の稜線」です。狭山池の堤に立つと、葛城・金剛山系をはじめ、生駒山系、北摂山系、和泉山系の山々を見ることができます。この日は、お天気にも恵まれ稜線がよく見えました!

ブログ2ブログ6北摂山系

ブログ5和泉山系を説明

それぞれの山々にはその数だけ、そこにまつわる歴史や文化があることを狭山池にいて感じることができました。ぐるりと見渡せる山々のこの景色も、狭山池の大きな魅力になっているのではないでしょうか。

ブログ4説明に使われた資料は、担当リーダーさんの手書きです!!なかなかの力作です。

次回の狭山池歴史ウォークは12月10日(日)の午前10時から行います。テーマーは「狭山池の四季の風景を楽しむ」です。四季折々の様子をご紹介しながら、冬到来の狭山池の景色も楽しんでいただけると思います。ご参加お待ちしています。ブログ3

狭山池歴史ウォーク 9月・10月まとめて報告します!

ブログでの報告が遅くなってしまいました・・・9月、10月の狭山池歴史ウォークは、大勢の方に参加していただきました。

まずは9月!ブログ1夏の間お休みをしていたので、3か月ぶりに開催されました。日差しはまだきつかったですが、狭山池を吹く風に秋を感じることができました。テーマは「狭山池の歴史とため池ものがたり」でした。ブログ3ブログ4

9月担当のHさん自身が興味を持って実際に足を運んだ、他府県のため池について、撮られた写真とともに紹介されました。皆さん、あずまやでホッと一息つきながら興味深く話を聞いておられました。

ブログ29月は、小学生のお子さんと親子で参加してくださる方もおられました。こうして様々な世代の方に参加していただけるのも、歴史ウォークの楽しさだと思います。

続いて10月!ブログ110月はどっぷりたっぷり狭山池で年に2回行っている、1日かけて案内をする特別なプログラムです。午前中は「池尻城と周辺にある山城、狭山藩陣屋」をテーマに狭山池を一周しました。秋晴れのこの日、近所の小学校では運動会が行われアナウンスが聞こえる中でのウォークとなりました。

ブログ3

狭山池の堤から、南北朝時代の池尻城や半田城、野田城などの場所を「あのあたりにあったんだなあ~」と確認しながら、当時の歴史背景の話を聞きました。また、狭山藩陣屋は下屋敷があった場所に立てられている説明パネルの地図を観ながら、当時の情景に思いをはせました。

午後からは、グループに分かれて博物館内の常設展示の解説と、学芸員によるバックヤードツアーを行いました。ブログ5

ブログ全体次回狭山池歴史ウォークは11月12日(日)午前10時から行います。テーマは「狭山池から見える山々の稜線」です。ご参加お待ちしています!!

7/22 狭山池 ファンづくり カフェ行います!

毎年狭山池まつりの期間に行っていた狭山池魅力発見講演会を、今年は7月22日(土)午後2時から博物館2階ホールで行います。題して「狭山池 ファンづくり カフェ」!!。狭山池ファンづくりカフェちらし表石

SECTION.1では、ゲストに「北浜テラス」「水都大阪」など水辺空間のリノベーションリーダー泉英明さんを招き、「狭山池とこれからの魅力あるまちづくり」について行政側・市民側のそれぞれのキーマン、古川照人大阪狭山市長、下村良希大阪府河川室長、溝端功狭山池まつり担当事務局長にインタビューします。

ちらし裏1 石

そしてSECTION.2  Fun×Fan トークに突入!「水辺を遊ぶプランニング!」をテーマに、会場の皆さんと一緒にアイディアを出し合います。公共空間である狭山池をもっと使いこなしていくには?狭山池で“遊ぶこと” “おもしろいこと”を出し合いませんか。水辺で遊ぶひとつひとつで狭山池ファンが生まれ、子どもたちの笑顔や元気があふれるまちの未来に向けて。

7月22日(土)14:00~

会場:大阪府立狭山池博物館2階ホール

参加費:無料

定員:96名(先着順 受付13:20~)

直接会場にお越しください。