狭山池まつりと 「わくわくつばさの灯りをとばそう!」

晴天です!博物館まわりでつつじが満開!

 

さあ、狭山池まつり2018 がいよいよ来週末に迫ってきました。
今年も博物館は一緒に盛り上がります!

狭山池灯火輪コラボレーションイベント
「水庭×灯り」プロジェクト

    4月28日(土)

博物館水庭に浮かぶ灯りのアート「水紋をかたどる」

アーテスト 辛川幸子  日没から午後7時45分
年に一度、夜の博物館がロマンティックな空間に!

わくわくイベント「みんなでつばさの灯りをとばそう」

灯りのオブジェを手づくりし、博物館円形コートに展示します!

当日 午後4時~7時45分
博物館東側入口広場にてどなたでも参加できます。
先着150名 無料

本当に飛んでるみたい!!シミュレーションもばっちり!
すでに博物館受付前には、「つばさ」が集まってきています。

 

今日は 開催中のボランティア企画展、
「はるかなる石の旅-重源の作善の足あとを行く-」
講演会
重源と石造物 ―「宋風石造物」が語る中世―
講 師 山川 均 氏 (大和郡山市教育委員会 生涯学習課主任)
が行われました。

ホールは満員!!ありがとうございます!
企画展へのお客様に 対応するボランティアさん達も一生懸命です。

 5月13日(日)まで

ぜひぜひ、ご覧ください。

もろこ

ボランティア企画展「はるかなる石の旅」開催中 狭山池博物館

狭山池博物館のボランティアさんが企画し、数か月間かけて何度も
会議や打合せを重ね、つくりあげてきた展示です。

平成30年度
大阪府立狭山池博物館ボランティア企画展

「はるかなる石の旅
-重源の作善の足あとを行く-」

2018年4月14日(土)~5月13日(日)

狭山池博物館1階特別展示室

サブタイトルにあるように
まさに 重源さんの辿った足あとをボランティアさん達自らが訪ね歩き、調査された内容のものが、とてもわかりやすく紹介されています。
地道な努力の結晶ともいえる展示となっています。

展示室のすぐ横のお部屋では、
この展示開催までのボランティアさん達の取り組みがメイキング映像としてながされています。

私、しばらく観てました・・・
ボランティアさん達の熱意がじわじわと伝わってきて胸があつくなりました。

 

◆講演会あります◆

重源と石造物 ―「宋風石造物」が語る中世―
 講 師 山川 均 氏 (大和郡山市教育委員会 生涯学習課主任)
 日 時 2018年4月21日(土) 午後2時~3時30分
 場 所 大阪府立狭山池博物館2Fホール
 定 員 126名(先着順、無料)

 

桜もそろそろ終わりに近づき、博物館周りでは
ヒラドツツジが咲きはじめていました。

 

つつみ

 

いよいよ明日から!ボランティア企画展 狭山池博物館

特別展示室の中からトン、テン、音が漏れ聞こえます。
狭山池博物館ボランティア、展示作業は大詰めです!

 

平成30年度
大阪府立狭山池博物館ボランティア企画展
「はるかなる石の旅
-重源の作善の足あとを行く-」

2018年4月14日(土)~5月13日(日)
狭山池博物館1階特別展示室

狭山池博物館ボランティアは、東大寺を再建した僧 重源が狭山池改修の際にこれまで木製だった樋から、古墳の石棺などの石材を転用した石の樋を据えたことに注目しました。
企画から調査・取材、パネル製作から展示までを、狭山池博物館ボランティアが手掛けた企画展示です。

講演会 重源と石造物 ―「宋風石造物」が語る中世―

講 師 山川 均 氏 (大和郡山市教育委員会 生涯学習課主任)
日 時 2018年4月21日(土) 午後2時~3時30分
場 所 大阪府立狭山池博物館2Fホール
定 員 126名(先着順、無料)

どうかたくさんの方に、来て見ていただけたらと思います!

 

ウコンもピンク色が濃くなってきました。
毎年一番最後に咲くカンザンが今、見頃を迎えています。
つつじが。。今にも開きそうです。

もろこ

桜を楽しむ、4月の狭山池歴史ウォーク

平成30年度の狭山池歴史ウォークがスタートしました。4月8日(日)のウォークは恒例となりました「桜」がテーマでした。今年は桜が咲くのが例年より早く、遅咲きの桜も散ってしまうのでは・・・と心配しましたが、なんとかウォークの日まで待ってくれていました。狭山池の堤と博物館周辺には10種類以上の桜が植えられています。

博物館周辺のカンザンがきれいな八重の花を咲かせていました。

シロタエ

タオヤメ

スルガダイニオイは、独特の良い香りがしていました。

堤にあがると早咲きのコシノヒガンやソメイヨシノはすでに葉桜となっていました。

咲いていた時に撮影した写真で紹介!

ヤマザクラもあります。

さまざまな種類の桜を知っていただくことで、次の春の桜の開花をより楽しみに待っていただけるウォークになったと思います。

5月は「たっぷりどっぷり狭山池part1」です。狭山池を午前中案内して午後からは館内を案内するプログラムとなっています。大変人気がありますので、お申し込みはお早めにしてください。

土木遺産展、本日最終日!

真新しい緑の桜並木が青空に映えます。
今朝方のあまりの寒さに思わず「冬物置いててよかった~」^^;

歴史ウォークが元気に出発しました。
今日のテーマは「狭山池と桜を楽しむ」
バッチリ、八重桜が満開です!

本日、最終日「土木遺産展-関西のダムめぐり-」おかげさまで、
期間中たくさんのお客様が来て下さっています!

ダムカードのコーナーを見て
「うわ~!まだまだこんなにあるの?!」と驚かれる方も多く、
「今日から集める!一枚目が狭山池!」というご家族もいらして。
限定ダムカードも今日までです!

さて、4月14日(土)から始まるボランティア企画展、
担当するボランティアさん達は、展示に向けて今大わらわ!!最後の仕上げに余念がありません!

博物館の特別展示パネルの製作も手伝う、もはやプロ並み?!

 

展示待ち!

 

 

どうぞお楽しみに!!

もろこ

 

さくら散り初め 狭山池博物館

満開は過ぎたけど、狭山池を訪れる人出は今日がピーク!
行楽日和!お弁当を持った三世代ご家族が目立ちます。

コシノヒガンの花びらが吹き溜まりに。
八重桜が咲いたら、次にはつつじが咲いてくれます!

講演会が開催されています。

「関西電力殿山ダム~黒部ダムにも影響を与えた国内初のドーム型アーチ式コンクリートダム~」松田契太氏(関西電力株式会社)

会場の博物館ホールは、受付開始前から並ばれるお客様もいて満員です。

「土木遺産展」4月8日(日)まで。

 

 

 

 

 

アーティストさんとのワークショップなど、製作段階から多くの人が参加し、多くの方に展示を楽しんでいただいた『クリエイティブフラッグ』。
明日から撤収作業に入ります。さみしいな~

もろこ