弓と矢の礼法  武家の心得とは・・

今日は 芒種。 さわやかな土曜日CA3G1329

 『池守田中家文書特別公開  弓と矢の礼法』

平成27年6月6日(土)~7月12日(日)

見てください!!この図録!素敵でしょう?!

以前から お客様よりご要望の多かった図録を、

今回ご用意しました。

とにかく絵がキレイでおもしろく、その説明書きを

読みたくなります!

 

「沓を 立ちよう  うらの方をか様に立てるべし

串にて 立あげ乃キハを挟むべし

はなをゝ下へなし 内を表へ出る様 はさむなり」

CA3G1328

これ、弓の的に使うんだとか ?    く、靴を?

んで、その立て方に仕様がある??

他にも小柄、扇子、貝(鮑)など 小笠原流では「八的」が

あるという。

的場の礼法、おそるべし!!

 

 

文書の釈読に 狭山池博物館ボランティアの参加する

「古文書を読む会」によるものも含まれています。

(これはとってもうれしい!)

池守田中家文書に残された〈武家の心得〉、必見です!!

 

もろこ

 

 

 

 

 

 

 

「弓と矢の礼法  武家の心得とは・・」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 14 =