【主な活動】

「もっと博物館を好きになる」をテーマに、より幅広い層の来館を促すことを目的として、おもにこどもを対象としたワークショップ「わくわくイベント」の開催を通して、狭山池や博物館の展示・ものづくり・環境への興味のきっかけになるような事業の企画・運営に携わっています。

■ 年間6回程度の事業を行っています。最新のスケジュールは催し物ページをご覧ください。

これまでに実施したわくわくイベントの一例


【活動への思い】

狭山池博物館の展示テーマはとても重要ですが、こどもたちにとって伝わりにくいこともあります。「博物館は楽しいところ!」まずはそれを知ってもらえるよう、博物館が好きなひと、そうでない人にも、この事業が入口となって足を運んでもらえるよう企画、運営しています。
準備作業が8割で、メンバーは年中何かしらおもしろいことを考えて試作を重ねています。一人でも多くの方に博物館で学ぶ楽しさを体験してもらえれば、うれしいです。

(令和3年8月18日更新)