明治時代以後は、国、大阪府、地元が一体となり、狭山池の改修を進めました。
大正・昭和の改修でつくられた取水塔を、現地から移築して展示しています。