中学生の職業体験【富田林市立金剛中学校】

とんとんとん。。。

横槌でわらを叩いています。
きぬた(砧)とも呼ばれるこの道具、見たことありますか?
砧は叩くための土台のことをいうそうですが、いつのまにかこの民具に転用されたよう。
子どものころ、酒蔵のおじさんがこれを使ってるのを見たことがあります。
年の暮れ、しめ縄を作っていました。

木槌でもとんとん

そうです!しめ飾りづくり!
作業をしてくれているのは、富田林市立金剛中学校の生徒4名。

12月に当館開催予定の「わくわくイベント リースとしめ飾り」。
その材料の藁を扱いやすいように事前にやわらかくしておきます。
準備が8割!大事な作業をお願いしています。

「頑張ってるな。」受付体験では、お客様から声をかけていただきました。
初めての事だらけの二日間。みんな、お疲れ様でした!

 

もろこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =