行基と昆陽池 特別講演会

 

 

 

 

 

 

令和元年5月25日(土)14時(13時30分受付開始)
狭山池博物館 2階ホール 定員126名(当日先着順)無料 

講演 尾田栄章氏
(元建設省河川局長 古代開発研究家)

『摂津での池溝開発は、どう進められたか!』

考古学で考える 小山田宏一氏(奈良大学教授)
地元で考える 中畔(なかぐろ)明日香氏(伊丹市立博物館館長)
進行 工楽善通(当館館長)

『行基と長屋王の時代 行基集団の水資源開発と地域総合整備事業』の著者、
尾田栄章氏を迎えての特別講演会第3弾です。
今回は、伊丹市の昆陽池を中心に摂津の各所で橋や布施屋などの建設事業を推進した開発力とその背景を探ります。

人気の行基さん。狭山池博物館の特別講演会、どうぞお楽しみに!

 

癒しの音色にうっとり

今日はフレッシュコンサート! ツインズ・ホーフダ-メ
フルートとアイリッシュハープ デュオアンサンブルが開催されてます。
アイリッシュハープ、見るのも初めて。

 

展示室では、台湾の中高校生が見学中。修学旅行でしょうか、最近は多くみられます。
解説を担当したボランティアさんは「今度ぜひ台北の学校を訪ねて来てください!」と先方の校長先生に握手を求められびっくり!!とっても喜んでくださいました。

もろこ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =