【開催中】令和5年度スポットテーマ展「うつす、まねる―模倣と複製の考古学―」について

 今回の展示では、実物資料、そのレプリカや復元品、実物資料の素材、を陳列し、考古学における模倣や複製の意味、レプリカ・復元品の役割について紹介します。みなさまぜひご覧ください。

会 期

 令和6年2月21日(水)~3月17日(日)

会 場  

 大阪府立狭山池博物館 第5展示ゾーン

講演会

 令和6年3月9日(土)14時~15時 於大阪府立狭山池博物館2階ホール(無料・定員126名・事前申込不要)

 講師 佐伯博光氏(公益財団法人大阪府文化財センター 調査課長)

 テーマ 「3次元データとレプリカ」

 講演会終了後、展示会場にて展示解説を行います(30分程度)

ワークショップ

 令和6年3月10日(日)11時~15時 於大阪府立狭山池博物館2階ホール(無料・時間内随時受付)

 鏡、須恵器、銅鐸、弥生土器のパズルに挑戦しながら、楽しく歴史を学びます