狭山池博物館『研究報告 10』受付にて販売中

販売価格 600円(税込)

内容:古代の土木技術と狭山池出土資料(木製品・石製品)の研究論文 3本。
および、博物館ボランティアの活動実績、博物館の事業実績など。

目次:本文

『出雲風土記』神門郡条記載の「池」と大念寺古墳の時代 二木 聡

狭山池遺跡出土木材の年輪年代調査 光谷拓実

光谷氏の年輪年代調査について 工楽善通

狭山池石棺群の浸蝕痕・加工痕 奥田尚 西川寿勝

小さな巨人―工楽善通先生 崔 完奎 (植野浩三訳)

工楽善通先生と土木考古学の提唱 權 五榮 (植野浩三訳)

狭山池博物館ボランティア企画展10年のあゆみ

活動概況 など

狭山池のさらなる実態解明のための研究や
狭山池、狭山池博物館をこよなく愛するボランティアの熱い思いがつまった取り組みなど紹介しています。
博物館というとちょっと敷居が高く感じる人がいるかも知れませんが、楽しい事やたくさんの発見がいっぱいつまっています。
これからも親しみやすい博物館をめざして盛り上げていきますので
ぜひ、足を運んで体感してみてくださいね。

つつみ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + fourteen =