くらしの道具展、本日撤収です!【狭山池博物館】

新型コロナウィルスの感染拡大をふせぐため、
当館は3月20日まで休館中・・・

でも・・
博物館は閉まっていても動いています。
では、どんなことをしているのでしょうか。
こんな時やから、おうちでミュージアム!
博物館の様子をできるだけ紹介したいと思います。

今日はくらしの道具展の撤収でした

作業前→作業後

突然の休館のため少し会期は短くなってしまいましたが

作業開始!

並べられたくらしの道具に、懐かしさ新しさ可愛らしさ、いろいろな感情をお持ちの方がおられたのではないでしょうか。

一点一点大切に梱包します

個人的にこれが好き

まな板

有機的なフォルムがたまらん

今にも走り出しそうじゃないですか!

これも気になる

塗桶という綿を引き延ばす道具です。かわいい!

大阪狭山市歴史文化グループのメンバーによる撤収は
あっという間に
終わってしまいました

積み込んでます

寂しいなぁ

また来年もよろしくお願いします

バイバーイ

そうそう前出のまな板は
絵巻のなかで犬のような姿の妖怪として
紹介されていると聞きました。
見てみたい!!

ご存じの方は教えてくださいね。

さぁ次は、土木遺産展です!
展示の様子はまた、お届けします!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × one =