わくわくイベント 水辺の植物葦(ヨシ)であし笛をつくろう! 狭山池博物館

 

葦笛づくりをご指導くださるのは、葦船職人の西川雅規さん
いろんな職人さんがいらっしゃるのだなぁ・・・

講師の西川さん。
まずは道具の使い方を教わります

イベント会場の開いた扉から、なにやらウィーーーンという機械音
ちょっと覗いてみました。。。

ていねいに穴をあけてゆきます

 

会場は大人なワークショップという感じ
先ほどのウィーーーンという音は
歯医者さんで使うような先の細い電動工具で笛の穴を削ってあけている音でした。

美しい丸にするのは意外に難しい!慎重に作業します。
トントン、粉をはらって・・職人さんのよう!かっこいい。

みなさん一心不乱に作業されていました

穴があいたら先生のチェック!OK!と言われたら次はやすりです。
笛のなかをやすっています。楽しいお顔!

笛づくりがおわると会場のほうからスース―と笛をふく音が・・・
なかなか思うように吹けない様子
時よりピーと鳴ってはまたスース―(笑)
少し練習が必要なようです

音の出し方と指の押さえ方を習ったら
さぁ!みんなで練習。お上手!!
終了後もあし(ヨシ・葦)の話やあそびの話はつきません。先生のまわりに自然と人だかりができました。

「みんなで練習して、博物館でコンサートやな!」
さぁ大変です。あすから猛特訓ですね。
西川さん、本当にありがとうございました。
参加されたみなさまおつかれさまでした!

 

玄関に置かれていた幼児用バイクと昔懐かしいガラガラバス。
おもしろい被写体になるのか、カメラを持った人が何度も撮影をされていたので、
マネして撮ってみました(笑)

 

つつみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 8 =