11月18日「土木の日」に  どっぷりと!狭山池博物館

きょうは立冬

秋分と冬至のちょうどまん中が立冬なんですって。
陽の傾きのせいなのか、光と影のコントラストがくっきり!

いつもの景色がちょっと違って見えました。

11月18日は「どぼくの日」

って、なんで?

十と一 → 土、
十と八 → 木、
⇒ 土木 !! バンザーイ?!

「土木学会選奨土木遺産 パネル展」が始まります!
そして!

「土木の日記念イベント」展示解説があります!!

令和5年11月18日(土) 11時から1時間程度
狭山池博物館1階 第5ゾーン 無料

解説者:坂下泰幸氏((一財)近畿地域づくり研究所顧問)

どなたでも参加できます。

令和5年度の土木学会関西支部推奨土木遺産は7件。
「近鉄難波線 大断面シールドトンネル」などが選ばれています。
後世に残したい、そんな歴史的土木構造物についてお話が聞ければいいですね。

この日は午後から、
歴史セミナーが開催されます!

令和5年11月18日(土)14時~15時30分(13時30分開場)

「信玄伝承の治水施設の最新調査成果―石積出・将棋頭・信玄堤―」
齊藤秀樹氏(南アルプス市教育委員会)

狭山池博物館2階ホール
定員126名 事前申込不要 当日先着順 無料

現在開催中の特別展、
「新大和川と石川の治水絵図―若狭野浅野家の流域図を見る―」
の第3回セミナーです。
武田信玄公の治水事業。ぜひ聞いてみたいです!

11月18日は、ここ狭山池博物館で「土木」に「どっぷり」はまりませんか?

 

12月には、絵画展を狭山池博物館で観ましょう!!

 

もろこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 7 =