「水をはこぶ」土木遺産展 まもなく! 狭山池博物館

狭山池博物館の特別展示の中でもファン?の多い「土木遺産展」。
令和5年度は、水を  は・こ・ぶ  。

令和5年春季企画展 「土木遺産展 ―水をはこぶ―」

令和5年3月25日(土)~5月7日(日)
狭山池博物館1階 特別展示室 無料

特別展示室 ただいま準備中!!

井西学芸員の指示のもと、着々と展示を進めるのは大阪教育大学の学生たち。
頼もしいサポーターです。

水利システムに視点をあて、
「水」という非常に貴重で、しかも形のないものをいかにして「はこぶ」のか。
各地に残る当時の技術の粋を集めて作られた施設などご紹介します。

今回、何と言ってもチラシがいい!(私見(笑))
展示を見て頂けばわかってもらえると思いますが。。
”水に係る” 風景にほんとに癒されます。そして土木遺産だけに郷愁を誘います。
で、どこかのCMの音楽が聞こえそう(笑)

講演会 事前申込制

 第1回 令和5年4月9日(日)
安村 俊史氏(柏原市立歴史資料館 館長)
「河内平野を潤す長瀬川と玉串川」
申込締切3月26日当日到着分まで

 第2回 令和5年4月23日(日)
田中 元浩氏(和歌山県立紀伊風土記の丘 学芸員)
「宮井用水 古墳時代から続く紀氏の遺産」
申込4月9日当日到着分まで

いずれも
13時30分~15時(開場は13時)
狭山池博物館2階ホール
事前申込制 定員60名 無料

お申込み方法などコチラ

 

とうとう雨粒が落ちてきました。

今日は春分。
不安定なお天気が続きそうですが、狭山池の桜はまだまだこれから!一緒に楽しみましょう!

もろこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − 1 =