【申込受付中】ため池ものがたり講演会 -登壇者の紹介1

企画展「ため池ものがたり」開催まであと1カ月を切りました。
ただ今講演会の申し込みを受付しています。

ご登壇者紹介:
福田信幸さん(東播用水土地改良区専務理事)
「兵庫県東播磨からの報告」
-いなみ野台地のため池と世界かんがい施設遺産「淡山疏水」そしてコウノトリが飛来する-

本展の取材で一番大がかりだったのが兵庫県です。
日本で一番ため池の多い地、兵庫。

中でも東播磨の稲美町はため池が集中するエリアで、
その総称を「いなみ野ため池ミュージアム」と位置づけ、大切にしています。

そこを尋ねたときにお話を聞かせていただいたのが福田さんでした。

練部屋分水所(右上が福田さんです)

世界かんがい施設遺産にもなっている淡山疏水、
60mの落差を越える御坂サイフォン橋のスケール、
練部屋分水所の知恵、
淡山疏水・東播用水博物館の水をめぐるストーリーに驚き、感動を覚えました。

御坂サイフォン(この急坂を水が昇ってゆきます)

そして、なんといっても加古大池・天満大池をはじめ
「ため池」が大切にされていることを実感させて下さった福田さんのお話を、
ぜひもっと聞いてみたいと考えました。

加古大池の美しい夕焼け(稲美町)
  • 開催日 令和5年5月21日(日曜日)
  • 時 間 午後1時30分~4時00分 (開場は午後1時)
  • ところ 博物館2階ホール
  • 定 員  60名(応募多数の場合は抽選)※定員は変更の可能性があります。
  • 申込期間 令和5年4月28日(金曜日)当日到着分まで

お申込みは専用アドレス ikehaku.oubo@gmail.com  へ
①参加者全員の氏名、②代表者の住所、③代表者の電話番号をご記入のうえ
「ため池ものがたり講演」と記入のうえお送りください。
一通につき3人まで申込できます。

申込結果の当落について
■申込者全員に当落をお知らせします。
■上記のアドレス(ikehaku.oubo@gmail.com)から返送します。着信拒否設定になっていないか、事前に設定の確認と変更をお願いします。
■5月10日(水曜日)までに連絡がない場合は、当館までお電話にてご連絡ください。

お申し込みをお待ちしています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + 3 =