「ため池ものがたり」開催までのストーリーその2【狭山池博物館】

ボランティア企画展「ため池ものがたり」もうご覧いただけましたか。
シリーズ「開催までのストーリー」の第2弾をお届けします。

【開始400日前】フィールドワーク「行基の郷に触れ ため池の今昔出会う)」

2章の「ため池歴史散歩」のコーナーは、2つのため池群を歴史的背景をみながら紹介しています。この日は紹介予定のため池を含むエリアを歩いていました。

深井駅から土塔→大野寺→菰池→野々宮神社→蜂田寺(華林寺)→原池(ばらいけ)公園→宇見坊池~幡池跡 と行基ゆかり、伝承の地をまわります。

かつて田畑の多かったこのエリアも、都市化によりため池の数は減少しています。しかし時代に即しながら、活用されているため池も多くあります。

担当者はこの地を「時の往時とため池の今昔を、行基の思いに触れながら歩くことができる場所」と推薦しています。

ぜひ、会場でご覧ください。

「ため池ものがたり」会期は残すところあと二週間になりました。7月2日(日)まで。どうぞお見逃しなく!

シリーズは続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven − four =