【くらしの道具展】今日(2/10)から

大阪狭山市立郷土資料館「くらしの道具展」がはじまりました

この展示は大阪狭山市の小学3年生が『人々の暮らしのうつりかわり』を学習する時期に合わせて、毎年開催しています。

展示初日の今日は
大阪狭山市立北小学校3年生の児童が見学に来られています。

昔なつかしい… でも子供たちははじめて見る道具ばかり。
こちらではむかしの道具をクイズ形式で学んでいます。

展示されてるものは、今私達の暮らしに使われている道具のいわば原型版。
子供たちも興味津々で、
手持ちの学習プリントに展示を観ながら記録していました。

 

くらしの道具展、ぜひ3世代で見に来てくださいね。
おじいちゃんおばあちゃんから、むかし懐かしいお話しが聞けるかも(^-^)

つつみ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − seven =